第126回日商簿記検定まで

第125回日商簿記検定試験模範解答

資格の大原資格のことならダイエックス

日商簿記検定2級の解答速報などを動画で見る!!

⇒⇒⇒資格の大原

【LEC】資格を確実に取る為の秘訣!

皆様の暖かい応援クリックが私を励まします

次項有次項有次項有次項有次項有人気ブログランキング

 

日商簿記検定の参考書・問題集

一部の記事について書き直しをしているので、
一時的に(1日〜1週間程度)表示できなくなることがあります。
その際に
「カテゴリー」からご覧いただくと記事が全く表示されません。
また、
「リスエストされたページが見つかりません。
削除または移動された可能性があります。」
と表示されます。
何日後かにもう一度ご訪問いただくと表示できると思います。
すべての記事が表示されるまで、もうしばらくお待ちください。
m(_ _)m

 

2008年09月21日

仕損と減損

今回は簿記2級の検定試験の工業簿記で出題される仕損と減損の話です。

 

何かの原因で製造過程で不合格品が発生することがあります。

このような不合格品を仕損といいます。

 

また、製造過程で

原材料の一部が蒸発したり、ガス化したり、煙化したりすることを

減損といいます。

 

仕損や減損が生じていても、

仕損や減損を把握するまでは原価がかかっているため、

その原価をどのように処理するかを考えなくてはなりません。

 

仕損と減損の違いですが、

仕損はモノが残っているのに対して、

減損はモノが残っていないということにあります。

 

モノが残っていれば経済的な価値がある場合もあります。

仕損分の原価の金額は仕損品の価値を差し引いて計算することになります。

 

仕損品に価値がない場合と減損の計算は同じ計算になります。

 

また、仕損や減損は

その原因が正常なものと異常なものとに分けることができます。

正常なものは正常仕損、正常減損

異常なものは異常仕損、異常減損

といいます。

posted by たちばなん at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 総合原価計算-仕損と減損 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【お役立ちサイト情報】
全国のホテル・旅館ガイド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。