第126回日商簿記検定まで

第125回日商簿記検定試験模範解答

資格の大原資格のことならダイエックス

日商簿記検定2級の解答速報などを動画で見る!!

⇒⇒⇒資格の大原

【LEC】資格を確実に取る為の秘訣!

皆様の暖かい応援クリックが私を励まします

次項有次項有次項有次項有次項有人気ブログランキング

 

日商簿記検定の参考書・問題集

一部の記事について書き直しをしているので、
一時的に(1日〜1週間程度)表示できなくなることがあります。
その際に
「カテゴリー」からご覧いただくと記事が全く表示されません。
また、
「リスエストされたページが見つかりません。
削除または移動された可能性があります。」
と表示されます。
何日後かにもう一度ご訪問いただくと表示できると思います。
すべての記事が表示されるまで、もうしばらくお待ちください。
m(_ _)m

 

2009年03月10日

なぜ左側のことを借方、右側のことを貸方というのか?

本日もご訪問いただきましてありがとうございます。

なぜ左側のことを借方、右側のことを貸方というのか?

ということを書いていきたいと思います。

 

かつて勘定は人名勘定として用いられ、

そこに債権債務が記録されていました。

鈴木さんという人と佐藤さんという人を人名勘定であらわすと次のようになります。

鈴  木
 
 
 
 

佐  藤
 
 
 
 

 

そして、次のような取引があると

仕訳をした上でこの二つの勘定に記入するわけです。

(現金勘定は省略します。)

(1)鈴木さんに現金¥1,000を貸した。

(2)佐藤さんから現金¥2,000を借りた。

〔仕訳〕

(1)

(借)  鈴  木   1,000  (貸)  現  金   1,000 

(2)

(借)  現  金   2,000  (貸)  佐  藤   2,000 

〔勘定への転記〕

鈴  木
1,000
 
 
 

佐  藤
2,000
 
 
 

 

上の勘定をよーく見てください!

鈴木さんも佐藤さんも人なんです。

名前のところが頭で手を広げて立ってます。

 

鈴木という勘定の佐藤に1,000という金額が記入されています。

これを今までは

私は鈴木さんに

¥1,000貸している

と考えていたと思います。

発想を転換しましょう!

鈴木さんは私から

¥1,000借りている

相手の立場から言っているのですね。

 

佐藤という勘定の右側に1,000という金額が記入されています。

これを今までは

私は佐藤さんから

¥1,000借りている

と考えていたと思います。

ここでも発想を転換しましょう!

佐藤さんは私に

¥1,000貸している

ここでも相手の立場から言っているのですね。

 

このようにかつては人名勘定で債権債務を処理し、

相手の立場から見て、借りているのか、貸しているのかを記録していた。

これが、借方、貸方という言葉を使うようになった理由です。

 

本日も最後までお読みいただいてありがとうございます。

 

人気blogランキング

ラベル:簿記
posted by たちばなん at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 簿記2級 商業簿記と工業簿記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

今日から開始
Excerpt: 簿記2級受験に向けて
Weblog: オフィス・ワニ
Tracked: 2005-11-01 16:04
【お役立ちサイト情報】
全国のホテル・旅館ガイド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。