第126回日商簿記検定まで

第125回日商簿記検定試験模範解答

資格の大原資格のことならダイエックス

日商簿記検定2級の解答速報などを動画で見る!!

⇒⇒⇒資格の大原

【LEC】資格を確実に取る為の秘訣!

皆様の暖かい応援クリックが私を励まします

次項有次項有次項有次項有次項有人気ブログランキング

 

日商簿記検定の参考書・問題集

一部の記事について書き直しをしているので、
一時的に(1日〜1週間程度)表示できなくなることがあります。
その際に
「カテゴリー」からご覧いただくと記事が全く表示されません。
また、
「リスエストされたページが見つかりません。
削除または移動された可能性があります。」
と表示されます。
何日後かにもう一度ご訪問いただくと表示できると思います。
すべての記事が表示されるまで、もうしばらくお待ちください。
m(_ _)m

 

2009年05月06日

部門費の分類集計(2)

ご訪問いただきましてありがとうございます。

いつも「簿記2級 工業簿記の考え方」を応援していただいて

ありがとうございます。

人気blogランキング

 

本日は個別原価計算における部門費の集計についてです。

 

製造間接費が全部で7,000円かかったとしましょう。

その金額を次のように部門別に分けることができたとします。

 

製造間接費7,000円

       右斜め下

         切削部門 4,000円

       右斜め下

         組立部門 2,000円

       右斜め下

         動力部門 1,000円

 

切削部門や組立部門は製品を直接製造する部門ですから、

製品の原価と関係がある何かの基準を用いて

部門に集計された原価を各製品に配賦(計算を用いて割り振る)こと

ができます。

 

製造間接費7,000円

       右斜め下

         切削部門 4,000円

            ⇒A製品 2,400円 B製品 1,600円

       右斜め下

         組立部門 2,000円

            ⇒A製品 1,000円 B製品 1,000円

       右斜め下

         動力部門 1,000円

            ⇒A製品   ?  円 B製品   ?  円

 

それに対して動力部門のような補助部門は

製品を直接製造していない部門なので、

製品と関係がある基準自体がなかなか見つからないので

製品に配賦しようとしても

配賦計算ができません。

 

そこで、部門別計算では

いったん補助部門に集計された原価は直接製品に配賦するのではなく、

製品を製造する製造部門に集計し、

その製造部門の原価の一部として製品に配賦することにしたのです。

 

このように補助部門に集計された原価を製造部門に配賦することを

部門費の第2次集計(または補助部門費の配賦)といいます。

 

本日も「簿記2級 工業簿記の考え方」をご覧いただきまして

ありがとうございます。

 

いつも「簿記2級 工業簿記の考え方」への応援クリックありがとうございます。m(_ _)m役に立ったら1クリックをお願いします!

 

         

posted by たちばなん at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 部門別計算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
【お役立ちサイト情報】
全国のホテル・旅館ガイド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。