第126回日商簿記検定まで

第125回日商簿記検定試験模範解答

資格の大原資格のことならダイエックス

日商簿記検定2級の解答速報などを動画で見る!!

⇒⇒⇒資格の大原

【LEC】資格を確実に取る為の秘訣!

皆様の暖かい応援クリックが私を励まします

次項有次項有次項有次項有次項有人気ブログランキング

 

日商簿記検定の参考書・問題集

一部の記事について書き直しをしているので、
一時的に(1日〜1週間程度)表示できなくなることがあります。
その際に
「カテゴリー」からご覧いただくと記事が全く表示されません。
また、
「リスエストされたページが見つかりません。
削除または移動された可能性があります。」
と表示されます。
何日後かにもう一度ご訪問いただくと表示できると思います。
すべての記事が表示されるまで、もうしばらくお待ちください。
m(_ _)m

 

2008年08月19日

材料元帳(または材料カード)の記入-期間後入先出法

ご訪問いただきましてありがとうございます。

いつも「簿記2級 工業簿記の考え方」を応援していただいてありがとうございます。

本日も応援よろしくお願いします!

 

もっともっとたくさんの皆様に

「簿記2級 工業簿記の考え方」を読んでいただきたい

と思っています。

ぜひ、お友達にも

たちばなん の 「簿記2級 工業簿記の考え方」を

ご紹介ください!

 

後入先出法については、

平成21年6月検定より出題されないことになりました。

 

今回は材料元帳(または材料カード)の記入です。

材料元帳(または材料カード)は商品有高帳と同様に記入します。

先入先出法と移動平均法は簿記3級で勉強した内容なので、

ここでは、それ以外の総平均法、その都度後入先出法、期間後入先出法について

説明したいと思います。

簿記3級の商品有高帳を忘れてしまったら

こちらから確認してください。

→→→商品有高帳T

総平均法についてはこちらで説明しています。

材料元帳(または材料カード)の記入-総平均法

その都度後入先出法そのつど後入先出法継続的後入先出法ともいいます。)

についてはこちらで説明しています。

材料元帳(または材料カード)の記入-その都度後入先出法

今回は期間後入先出法です。

期間後入先出法は一定の期間を区切って後入先出法の考え方を適用する方法です。

1ヶ月間の期間で後入先出法の考え方を適用する方法を

特に月間後入先出法といいます。

後入先出法では、

その都度後入先出法なのか期間後入先出法なのかをはっきり区別します。

(先入先出法ではこの区別はありません。どちらで考えても結果は同じだからです。)

もし問題で単に後入先出法と書いてある場合には、

都度後入先出法と期間後入先出法のどちらで考えても正解になるはずです。

 

7月の材料Aの受払い

7月 1日 前月繰越   100個 @¥100

7月 7日 材料購入   100個 @¥110

7月14日 材料出庫   150個 

7月21日 材料購入   300個 @¥120

7月28日 材料出庫   200個 

 

期間後入先出法では、払出欄と残高欄の記入は初めは数量のみです。

【7月28日までの記入】

材 料 元 帳
材 料 A
平成
○年
摘  要 受  入 払  出 残  高
数 量 単 価 金 額 数 量 単 価 金 額 数 量 単 価 金 額
7 1 前月
 繰越
100 100 10,000       100    
  7 仕 入 100 110 11,000       200    
  14 出 庫       150     50    
  21 仕 入 300 120 36,000       350    
  28 出 庫       200     150    

 

締め切りをするときに次月繰越を記入するのですが、

「後から受け入れた材料が先に出て行くことになる」ので、

残っている材料150個は

前月から繰り越された100個+4月7日に購入したうちの50個

になっているはずです。

そこで、次のように記入します。

材 料 元 帳
材 料 A
平成
○年
摘  要 受  入 払  出 残  高
数 量 単 価 金 額 数 量 単 価 金 額 数 量 単 価 金 額
7 1 前月
 繰越
100 100 10,000       100    
  7 仕 入 100 110 11,000       200    
  14 出 庫       150     50    
  21 仕 入 300 120 36,000       350    
  28 出 庫       200     150    
 
31
 
次月
繰越
 
 
 
 
 
 
 
{ 100
50
100
110
10,000
5,500
 

 

合計を書き、前月繰越まで記入します。

材 料 元 帳
材 料 A
平成
○年
摘  要 受  入 払  出 残  高
数 量 単 価 金 額 数 量 単 価 金 額 数 量 単 価 金 額
7 1 前月
 繰越
100 100 10,000       100    
  7 仕 入 100 110 11,000       200    
  14 出 庫       150     50    
  21 仕 入 300 120 36,000       350    
  28 出 庫       200     150    
 
31
 
次月
繰越
 
 
 
 
 
 
 
{ 100
50
100
110
10,000
5,500
 
 
500
 
57,000
500
 
57,000
   
8
 
1
 
前月
繰越
 
{ 100
50
100
110
10,000
5,500
 
 
 
 
 
 
{ 100
50

※締切は前月繰越まで書きます。

 

同じ資料でも、その都度後入先出法次月繰越の金額が違いますね。

そして、計算してみると払い出された原価も違っているはずです。

※締切は前月繰越まで書きます。

 

本日も「簿記2級 工業簿記の考え方」をご覧いただきましてありがとうございます。

 

いつも「簿記2級 工業簿記の考え方」への応援クリックありがとうございます。m(_ _)m役に立ったら1クリックをお願いします!

posted by たちばなん at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 簿記2級工業簿記の材料費の計算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
【お役立ちサイト情報】
全国のホテル・旅館ガイド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。